ド田舎市民ウォーカーの日常

山形を拠点に活動する社会人競歩選手の徒然

ありがとうございました

 

 

どうも、三澤です。

 

先日、山形競歩主催のオンラインタイムトライアルを開催させていただきました。

 

参加者の皆様のご協力で、大きなトラブル等もなく無事に本企画を終えることが出来ました。

 

f:id:msw023:20200623233416p:image

 

本来でありましたら、参加者皆様お1人ずつ

お礼をお伝えしたいところではございますが、

このような形で失礼致します。

 

本当に、皆様ありがとうございました。

 

そして、大変お疲れ様でした。

 

高校生から、マスターズ選手、そして競歩初挑戦の方まで、結果として総勢125名のエントリーをいただいた今大会。

 

人数も予想外でしたが、個人的には我々の人生の先輩方であるマスターズ選手の皆様のご参加が非常に多かったことが印象に残っています。

 

年齢関係なく、日々トレーニングに励みながら記録に挑戦するといった姿勢は、今後私も歳を重ねて行く中で見習うべき姿勢であるなとひしひしと感じました。

 

また、現役選手だけではなく既に引退した方や、競歩に初挑戦したいという方からもエントリーいただき、タイムトライアルに挑戦していただきました。

 

こういった方々にも、「歩きたい!」という気持ちになって頂けたのでしたら、主催者冥利に尽きます。本当にありがとうございました。

 

 

また、今回のタイムトライアルは

当初「オンライン東北高校総体」といった形で

高校生を対象とした企画で構想していました。

 

※今回の6/18~21という期間も、東北高校総体が例年開催される期間に合わせてあります。

 

そのため、より多くの高校生に参加していただければ嬉しいなと考えていました。

 

結果として全国各地から様々な高校生選手に参加していただきました。

非常に嬉しかったです。

 

今回のタイムトライアルを機に引退となる選手も何名かいらっしゃいました。

最後を飾る場としては、華やかさに欠けるかとは思いますが、その中でも自分が納得のいく歩きができたという選手もいたようで非常に嬉しく思います。

 

高校生の皆さんは、少しでも競歩をまた続けたいという気持ちがあるのならば、

できれば卒業後も続けていただきたいと私は思っています。

 

速い、遅いは関係ありません。続けることで人脈が広がる、新しい可能性を拓ける、高校生の頃には見えなかった部分が見えるようになる、、、

 

どんな形であれ、続けていれば必ず、皆さんにはいいことが起こるはずです。

そして、どこかの競技会でお会いした際に、今回のタイムトライアルへ参加していただいたお礼を言わせてください。

 

 

最後になりますが、

この度は皆様からあたたかいお言葉をたくさんいただきました。

その1つ1つが、今大会を運営していく上でのモチベーションになり、すごく背中を押していただきました。

 

いざ企画が始まり、皆様から記録が送られてくる。

送られてきた記録を集計して、順位をつけていく。

日々、変動する順位の様子を見守る。

この選手は、自己ベストをこんなに更新したんだ!と知る。

 

普通に生きていれば出来ないような貴重な経験を皆様のお陰でたくさん経験させていただきました。

 

皆様から送られてくる記録を見ながら、

みんな、1人で苦しみながら、絞り出したタイムなんだろうな……と思いながら、なんだか感慨深い気持ちになり、思わず涙腺が緩みました。笑

 

紛れもなく、今回のオンラインタイムトライアルは参加者の皆様で作った大会です。

本当に、たくさんのご協力をありがとうございました。

 

そして、山形競歩の皆。

君達の協力なしでは、ここまで大会を盛り上げることは出来なかった。

それぞれの場所で忙しい中、本当にありがとうございました。

 

今後とも、一緒に面白いことやって行きましょう。皆大好きだぜ。

 

 

運営上、至らぬ点も多かったかとは思いますが、

このオンラインタイムトライアルが皆様の初夏のちょっとした思い出になったなら嬉しいです。

 

 

今後とも、競歩を楽しんで行きましょう。

次は、どこかの競技会で皆様にお会い出来る日を楽しみにしております。

 

関わっていただいた皆様、

ありがとうございました。

 

山形競歩 三澤 凌

 

オンラインタイムトライアルについて

 

 

どうも、お久しぶりです。

三澤です。

 

いよいよ6月18日より、

山形競歩主催のオンラインタイムトライアルが始まります。

 

f:id:msw023:20200615195247j:image

 

ふとした私の思いつきから始まったこの企画。地元の新聞記事にも取り上げられ、

陸上関係者以外からも数多くの反響があり非常に驚いております。

 

また、私の想像した以上に多くのご参加をいただき非常に嬉しく思います。

企画趣旨にご賛同いただき、参加申し込みいただいた皆様には深く感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

こんな状況なのである程度のアンチが発生する事も覚悟していたのですが、誹謗中傷等のメール等も一切なく、ここまで企画を進められることに驚くとともに……苦笑

無事、タイムトライアルを実施できることを非常に嬉しく思います。

 

むしろ、「このような機会を作っていただきありがとうございます」というありがたいお言葉を多数いただきました。

とんでもございません。

 

我々に出来ることはもうほぼし尽くしたつもりです。あとは、皆様の手でよきタイムトライアルとしてください。笑

 

私としては機会を与えた、といったつもりはなく、参加者全体で作り上げる企画にしたいなと考えています。

 

主役は参加者一人一人です。

目の前のあなたが主役の企画です。

存分に楽しんでください。

 

 

 

とはいえ記録の提出方法など、細かいルール等がありご面倒をおかけいたしますが、円滑な運営のためご協力いただけますと幸いです、、

 

 

そして何より、私の思いつきに「おもしろそう!」と言ってくれて、参加者募集の声がけや企画のPR等、企画運営に力を貸してくれた

山形競歩の仲間達には感謝しきれません。

 

f:id:msw023:20200615195455j:image

 

本当にみんな、日常に自分の競技に忙しい中ありがとう。

 

 

そんな多くの方々に支えられながら開催を迎えるオンラインタイムトライアル。

初の試みのため至らないところも多いとは思いますが、これからが本番なので引き続き運営に尽力させていただきます。

 

今回はただ速さを競うだけでなく、

自身の自己記録からどこまで記録を縮められたかを競う「自己ベスト達成率ランキング」もご用意させていただいております。

 

特に高校生の若く伸び盛りなウォーカー達の目覚しい活躍を期待したいと思います。

 

また、自分自身も一選手として競技に参加しますので、少しでもいいタイム、いい感覚を掴んで今後に繋げていきたいと思います。

 

f:id:msw023:20200615195553j:image

 

 

それでは、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

 

 

今こそ、最高の歩きをしようじゃないか。

 

f:id:msw023:20200615195332j:image

 

 

それでは。

 

競歩における脚が抜ける症状③

 

どうもお久しぶりです。三澤です。

 

コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛の毎日の中皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

私はほどほどに体を動かしながら、鬼滅の刃をひたすら読んでいます。

ちょうど今は上弦の肆を倒したところまできました。個人的にはカナヲ推しです。

 

 

さて、本日は。

以前もお話した競歩における脚が抜ける症状について、追加で気づいた点がありますので紹介させていただきます。

 

※あくまで私個人の感覚に基づくものなので参考程度にしてください。

 

脚が抜け、脚運びが思うようにいかなくなった時は、

 

「お尻を使って前へ進む」

 

ことを意識すると抜けがあってもしっかりと脚を前に出し、うまく接地ができるような傾向にあるようです。

 

その際は、真下に脚を落とすのではなく、出来るだけ前へ、遠くへと脚を振り出すイメージで動かすと抜けていてもしっかり歩けるようになりました。

 

お尻を使う…というのがまた厄介な表現なのですが、上体を真っ直ぐにし、股関節の力を抜いて臀部の上の部分の筋肉だけを動かしていく。そんなイメージで取り組んでいます。

 

↑非常にわかりにくいですね笑

 

とにかく、臀部を上手く使うことで脚抜けに対抗できるような要素がありそうなので今後も試行錯誤していきたいと思います。

 

本日も読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

コロナウイルス感染拡大を受けて

 

どうも、お久しぶりです。三澤です。

 

本日は、昨今のコロナウイルス感染拡大を受けて、個人的にある1つの取り組みを始めようと思いまして、ご紹介させていただきます。

 

 

皆様、ここ数週間のうちに「ライブハウス」という言葉をニュースや新聞で目にする機会が増えたと思いませんか??

 

大阪府のライブハウスで新型コロナウイルの集団感染が起きたという件で、世間的には「ライブハウスは危ない場所」というレッテルが貼られてしまったのが悲しくも今の日本の現状だと思います。

 

私は、ライブハウスが大好きです。

仕事に、陸上に、その他もろもろでしんどい時にライブハウスで聴く生の音楽にたくさん生きる力をもらってきました。

 

そのライブハウスが今、世間の敵になっています。

数多くのライブやイベントが中止になり、ライブハウスやアーティスト、イベンターの方が収入を得られない現状が続き、その出口も見えなくなってしまっています。

 

今まで自分を助けてくれたライブハウス、そしてアーティストに何か出来ることはないか……

 

そう考えた私は、ある一つの案が浮かびました。

 

YouTubeApple Music、Spotify等のサブスクリプションでミュージックビデオや楽曲を再生すると、微々たるものではありますがそのアーティストに収入が入ります。

 

これらを積極的に再生すればいいんだ!

 

まてよ、これをもっと多くの人がたくさん再生すればアーティストに入る収入も増えるのではないか??

 

そう考え、私は今日から定期的に私のInstagramアカウントで、私がいいなと思ったアーティストのミュージックビデオやライブ映像を「ストーリーズ」に投稿することにしました。

 

時間的には30~40秒くらいです。

 

もし、それを見てくれた方でその楽曲を気に入ってくれて、もっと聴きたい!と感じ、

YouTubeサブスクリプションで再生してくれたら非常に嬉しいです。

 

そして、好きになったアーティストについては

このコロナウイルス騒動が収束した後に

是非ともライブハウスで生の音楽を聴いてみてください。

 

揺さぶられるものがあるかと思います。

 

 

皆様にとっても、新しい音楽との出会い、そして外出の自粛ムードの中でちょっとした時間潰しにもなるのではないでしょうか。

 

楽曲については完全に私の趣味になりますので、ご了承いただければと思います。また、おすすめの音楽がありましたらぜひとも教えてください。

 

以下が私のInstagramアカウントになります。

鍵はかけていませんので、フォローしなくてもストーリーズを見ることは可能です。

 

https://www.instagram.com/onesecond_f/

 

また、ストーリーズのアーカイブも作成しようと考えていますので、需要がありましたら活用していただければと思います。

 

 

この取り組みに意味があるかはわかりません。

無駄な労力だと思う方もいるでしょう。

しかし、この取り組みで少しでもライブハウスやアーティストの方への支援になればいいなと思います。

 

是非ともよろしくお願いいたします。

 

 

最後に、新型コロナウイルス感染拡大の1日も早い収束をお祈り申し上げます。

 

では、読んでいただきありがとうございました。

 

 

2時間5分29秒に映る陸上競技の醍醐味

どうも、三澤です。

 

皆さんご存知の通り、本日行われました東京マラソンにて、NIKEの大迫選手が2時間5分29秒の日本新記録をマークしました。

f:id:msw023:20200301200737j:image

 

今大会は戦前からハイレベルな争いになることが話題となっており、その話題通り大迫選手以外にも好記録をマークした選手が続出し、日本のマラソン界の歴史的にも大きな爪痕を残す大会になったかと思われます。

 

そんな記録ラッシュに終わった今大会、私はあるシーンに非常に感慨深さを感じました。

 

*******

 

大迫選手が最後の直線にさしかかるゆるいカーブを曲がる瞬間。

両手を叩き、手を挙げる。

そしてそのまま直線を駆け抜け、雄たけびを上げてゴールに飛び込。

 

あのシーンに私は陸上競技の醍醐味が詰まっているなと感じました。

 

 

あの時、大迫選手はこんなことを考えていたのではないでしょうか。

 

もう確実に日本記録を更新できると確信し、気持ちが最大限に高まりわくわくしてたまらない。

目標が達成できて最高にハイになっている。

ああ、もう一度1億円を手に入れられ(自主規制)

 

 

そんな感情を爆発させているように感じ取れるシーンでした。

 

プロランナーである大迫選手を自分の目線に置き換えるのはおこがましいのですが、

 

我々、一般の市民ウォーカーやランナーをはじめ、陸上競技者は最大の目標として自己ベストの更新というものがあると思います。

 

皆さんは、試合の展開から自己ベストが出そう、確実に出る、といった状況になったとき、非常にわくわくしないでしょうか?

 

これまでつらい練習を積んできたからこそ、自己ベストにつながる瞬間というのは何にも代えがたい特別な感情がわく瞬間だと思います。

 

そして、無事ゴールして時計を見たときに自己ベストが出たことを確認すると、

安堵と同時にとてつもない達成感を感じるかと思います。

 

スケールは違えど、今日の大迫選手の最後の直線での走りはまさにそういった感情でいっぱいになっているのだろうなというもので、テレビで見ていて思わずうるっっときてしまいました。

 

自己ベストの更新は非常に難しく、いくら調子がいいからと言って100%達成できるものではありません。

 

だからこそ、会心のレースができて自己ベストを更新した時の喜びはたまらない。

これが陸上競技の醍醐味だなあと改めて感じることができた今年の東京マラソンでした。

 

昨今のコロナウイルスの感染拡大を受け、今日の東京マラソンも反対意見のほうが多かったことでしょう。

 

しかし、結果的には日本新、そしてマラソン界全体のレベルアップを示せた大会となり、暗い話題に疲れている昨今の日本に明るい話題ができたのではないでしょうか。

 

何より、記録以上に人の心を打つ走りを見せてくれた大迫選手をはじめとする選手の皆さんに感謝したいと思います。

 

選手の皆さんお疲れさまでした。そして、ありがとうございます。

 

私も1年以上自己ベストというものを出していないので、今年は何か1種目でも更新できるように頑張ります。

 

 

それでは、本日も読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

1ミリも練習せずに3000m走ってみた

 

どうも、三澤です。

 

先日、山形南高校さん主催の3000mタイムトライアルに参加させて頂きました。

 

この企画は、山形県全体の長距離選手のレベルアップのために定期的に開催されている合同練習会です。

 

f:id:msw023:20200219073141j:image

 

 

目標タイム毎の組に別れて走るため、記録会形式で試合さながらの雰囲気の中、質の高い練習が出来ることが特徴です。

 

高校生から社会人まで、チームの垣根を越えて様々な選手と一緒に走れるため刺激も受けるので非常にいい企画だなと感じています。

 

そんな3000mT.Tに、ここ数ヶ月走る練習を一切行っていない私が出場したらどんな記録が出るのか??

 

完全に好奇心だけで参加しました。

 

気になる結果はこちら!!

 

 

f:id:msw023:20200219073024p:image

 

10分23秒。

 

非常に苦しいレースでした。身体的にも、タイム的にも。

 

やはり走りと競歩では圧倒的に走りの方が心肺機能にかかる負荷が高いなと感じました。

最初の1000mを過ぎるとまずは肺が辛くなり、ラスト1000mは脚が動かなくなり、地面をしっかり蹴れなくなりました。

改めて、走る筋力が衰えていることを実感……💦💦 

 

また、普通にバリバリ走っていた頃に比べて腕振りの位置が体のやや上の方になっていたような感じがして、とくに疲れてくると抱えるようなフォームになっていたように思います。

 

競歩の腕振りの感覚のまま走っているような感じで、競歩の時よりもあたふたしてるような

余裕のない腕振りになっていました😅

 

やはりこちらも走る習慣がなくなったため腕振りもあちゃこちゃになってしまったのかもしれません。

 

今回の経験から学んだことをまとめると

 

走らないと、走れない。

 

ド正論ですね。

そりゃそうじゃ。(オー〇ド博士風)

 

しかし、全く走っていない状態で3000mを10:30切りって実はそんなに悪くないんじゃね、、、??いや、遅いか、、、

 

次に走りのレースは8月に町内のマラソン大会を予定しているので、そちらに向けてはしっかり練習をして備えていきたいと思います。笑

 

 

そして、競歩のレースとしては来月の能美競歩に出場を予定しています。

 

この冬は距離練習をメインに取り組んできましたが、ここからは少しずつスピード練習もとり入れつつ歩きの精度を上げていきたいと思います。

 

今までよりも距離は踏めてきていて、距離慣れもしてきているので、どんなレースができるか楽しみです。

 

ぜひぜひ、応援よろしくお願いします😌😌

 

それでは、本日も読んで頂きありがとうございました!

 

何かを変える、ということ。

どうも、三澤です。

 

突然ですが、私が普段の練習で愛用しているアイテムを紹介させていただきます。

 

f:id:msw023:20200202191905j:image

 

①ガーミンの時計

昨年6月に購入。GPSの読み込みが非常に早く、ボディも軽いため非常に使いやすいです。

また、デザインも気に入っていて練習時に毎回つけるのが楽しみです。

スマートフォンで練習のデータを管理できるのも◎

 

iPod

こちらは以前使用していたiPhoneiPodとして使用しています。主にストロー中に音楽を聴いています。

 

③偽Air Pods

以前、このブログでも紹介させていただいたワイヤレスイヤホンです。相変わらず音質はなんともいえませんが、快適に練習ができます。

 

昨日の練習会時に、山形競歩ブログ管理人である山田氏に見せたところ、本家Air Podsに比べてでかいため耳から落ちてこない点がいい。練習向きだね。という非常に高い評価をいただきました。

 

これらのアイテムにプラスして、私が最近新たに取り入れたアイテムがございます。

 

それは……

 

f:id:msw023:20200202192911j:image

 

Coca-Cola with mentos

 

つまり……

 

「炭酸抜きコーラ」

 

そう。炭酸抜きコーラでございます。

 

何故炭酸抜きコーラなのか??

全てはこの画像を見ていただければと思います。

 

f:id:msw023:20200202193120j:image

 

オイオイオイ

死ぬわアイツ

 

ではなく……

 

そう。炭酸抜きコーラは非常にエネルギー効率が高いと言われています。

 

漫画の中の話だけではなく、実際にランナーさんの中では炭酸抜きコーラの話は有名な話題であると聞いたことがあります。

 

競歩選手の方にも、この炭酸抜きコーラを愛用している方がいらっしゃるとのことで、私もひとまず練習で試してみることにしました。

 

結果から申し上げますと、確かにガス欠を防いで長い距離を最後までしっかりあるくことができました。

 

一緒にBCAAを含んだドリンクも飲んでいたためどちらの効力かはわかりませんが、2時間近く歩く中でほぼガス欠がなかったので炭酸抜きコーラを使用していく価値はありそうです。

 

私が炭酸抜きコーラから学んだことは、何事も試してみて自分の経験へと変えていくことが重要だなということ。

 

百聞は一見にしかずと言うように、聞いただけで何もしないのでは見える景色が違って来ます。

 

そして、より自分を高めたいのなら何かを変えていくということ。

 

日々、時代はアップデートしていくものです。

 

最近はNIKEのヴェイパーフライネクストパーセントによる長距離ランナーの記録向上が話題になっているように、これまでの常識を新しいものに変えていくことが競技だけでなくこれからの生活の中で重要なのかなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

炭酸抜きコーラ1つでなに偉そうに語っとんねん!!

 

 

あああ、、これは炎上案件だ……

このブログ投稿して明日にはめちゃくちゃ叩かれるんだろうなあ、、、

 

生意気なこと言ってすみませんでした、、

大人しく練習がんばります、、、

炭酸抜きコーラと一緒に。

 

それでは、本日も読んで頂きありがとうございました!